×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOP   INFO   LINK  
FXとテクニカル分析で資産運用

 テクニカル分析
FXとは
ダウ理論
エリオット波動
トレンドライン
支持線と抵抗線
ローソク足
フィボナッチ
グランビルの法則

 トレンド系
移動平均線
ケルトナーチャネル
ボリンジャーバンド
MACD
DMI
モメンタム
ADX

 オシレーター系
RSI
ストキャスティクス
ウィリアムズ%R
RCI
サイコロジカルライン
移動平均乖離率
ATR

 その他
ニュース
手法
資金管理
心理面

 検索

スポンサードリンク
 サイコロジカルライン  

サイコロジカルラインとは

 罫線表の一種です。

 一般的に、過去12日間のうちで上昇した日数の比率から、 市場での、買われすぎ、売られすぎの状態を見る指標として用いられます。
 「もうそろそろ上がる(下がる)だろう」といった投資家の心理ですね。



 サイコロジカルは、「心理的な」という名前の通り、 投資家心理を数値化した指標です。

 (12日間の中で前日比プラスの日数)÷(12日間の日数)×100

 12日間の12の数値は変更可能で、おのおので最適化するのも良いでしょう。

 ただし前日比変わらずの日は、前日がプラスであればプラスの日に加える(逆に前日がマイナスであればマイナスの日に加えます

 一般的には

 ・75%以上(9勝3敗)で買われすぎ。

 ・25%以下(3勝9敗)で売られすぎ。

 と判断しまして、目先的に上昇や下落が続いて反転するタイミングを計るなど、主に逆張りの指標として用いられます。

 サイコロジカルラインの考え方を応用して上昇幅、下落幅を組み入れた手法がRSIです。



 関連記事

 ・RSI


 このエントリーをはてなブックマークに追加  Share on Tumblr      Yahoo!ブックマークに登録  Share

>> TOP


Copyright © 2011 kuma All Rights Reserved.
テンプレート by ネットマニア