×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOP   INFO   LINK  
FXとテクニカル分析で資産運用

 テクニカル分析
FXとは
ダウ理論
エリオット波動
トレンドライン
支持線と抵抗線
ローソク足
フィボナッチ
グランビルの法則

 トレンド系
移動平均線
ケルトナーチャネル
ボリンジャーバンド
MACD
DMI
モメンタム
ADX

 オシレーター系
RSI
ストキャスティクス
ウィリアムズ%R
RCI
サイコロジカルライン
移動平均乖離率
ATR

 その他
ニュース
手法
資金管理
心理面

 検索

スポンサードリンク

 スポンサードリンク
 RSI  



 

 ・RSIとは

 RSIはオシレーター系のテクニカル指標で、英語では Relative Strength Index で、頭文字のRSIで呼ばれるのが一般的です。

 日本語では「相対力指数」といいます。
 「相対的に今の相場は強弱どちらに傾いているのか」を表したテクニカル指標です。

 単にRSIといった場合、CutlerのRSIを指すことが多いです。

 ・ワイルダーのRSI

 考案者はJ・ウエルズ・ワイルダー・ジュニア (J. Welles Wilder, Jr.)です。
 1978年に「 New Concepts in Technical Trading Systems 」 にて発表しました。

New Concepts in Technical Trading Systems



 ・RSIの計算式

 RSI = 値上がり幅の指数移動平均(α) ÷ (値上がり幅の指数移動平均(α) + 値下がり幅の指数移動平均(α)) × 100

 α=1/14を使うのをワイルダーは推奨しています。
 つまり、14日の修正移動平均です。
 最近では9日もよく使われています。

 30以下では売られすぎ 70以上では買われすぎ

 がよくいわれる水準です。

 ロバート・バーンズのDirectional Relative Volatility (DRV)も同じものです。


 このエントリーをはてなブックマークに追加  Share on Tumblr      Yahoo!ブックマークに登録  Share

>> TOP

Copyright © 2011 kuma All Rights Reserved.
テンプレート by ネットマニア