×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOP   INFO   LINK  
FXとテクニカル分析で資産運用

 テクニカル分析
FXとは
ダウ理論
エリオット波動
トレンドライン
支持線と抵抗線
ローソク足
フィボナッチ
グランビルの法則

 トレンド系
移動平均線
ケルトナーチャネル
ボリンジャーバンド
MACD
DMI
モメンタム
ADX

 オシレーター系
RSI
ストキャスティクス
ウィリアムズ%R
RCI
サイコロジカルライン
移動平均乖離率
ATR

 その他
ニュース
手法
資金管理
心理面

 検索

スポンサードリンク

スポンサードリンク
 手法 プロスペクト理論01  



 

 ・プロスペクト理論 01

 プロスペクト理論(プロスペクトりろん、prospect theory)は、リスクを伴う決定がどのように行われるかについての理論です。  記述的(descriptive)であり、最適解を求めることよりも、現実の選択がどのように行われているかをモデル化することを目指します。
 期待効用仮説に対する心理学的により現実的な理論として、1979年にダニエル・カーネマン(ノーベル賞受賞者)とエイモス・トベルスキーによって展開されました。

 ・プロスペクト理論のモデル

 プロスペクト理論は、たとえばファイナンスにおける意思決定など、人々がリスクを伴う選択肢の間でどのように意思決定をするかを例えてみます。
 個人が損失と利得をどのように評価するのかを、経験的事実から出発して記述する理論です。
 なお、最初の定式化において"prospect"(期待、予想、見通し)という語は宝くじから来ています。

 例えば、以下の二つの質問について考えてみましょう。

 質問1 : あなたの目の前に、以下の二つの選択肢が提示されたものとする。

 選択肢A : 100万円が無条件で手に入る。
 選択肢B : コインを投げ、表が出たら200万円が手に入るが、裏が出たら何も手に入らない。

 質問2 : あなたは200万円の負債を抱えているものとする。そのとき、同様に以下の二つの選択肢が提示されたものとする。

 選択肢A : 無条件で負債が100万円減額され、負債総額が100万円となる。
 選択肢B : コインを投げ、表が出たら支払いが全額免除されるが、裏が出たら負債総額は変わらない。

 質問1は、どちらの選択肢も手に入る金額の期待値は100万円と同額です。
 にもかかわらず、一般的には、堅実性の高い「選択肢A」を選ぶ人の方が圧倒的に多いとされています。

 質問2も両者の期待値は-100万円と同額です。
 安易に考えれば、質問1で「選択肢A」を選んだ人ならば、質問2でも堅実的な「選択肢A」を選ぶだろうと推測されますが、質問1で「選択肢A」を選んだほぼすべての者が、質問2ではギャンブル性の高い「選択肢B」を選ぶことが実証されています。

 この一連の結果が意味することは

 人間は目の前に利益があると、利益が手に入らないというリスクの回避を優先し、損失を目の前にすると、損失そのものを回避しようとする傾向がある

ということです。

 質問1の場合は、50%の確率で何も手に入らないというリスクを回避し、100%の確率で確実に100万円を手に入れようとしていると考えられます。
 また、質問2の場合は、100%の確率で確実に100万円を支払うという損失を回避し、50%の確率で支払いを免除されようとしていると考えられます。

 プロスペクト理論とは、このような心理的傾向を考慮した意思決定論などを指します。

 プロスペクト理論における意思決定基準は、価値関数と確率加重関数からなります。
 価値関数は一般的な経済学では効用関数に対応し、それを確率加重関数によって重みづけされた確率と掛けることで、意思決定者の期待を表します。

 後にプロスペクト理論は、「累積プロスペクト理論」として拡張されました。

   累積プロスペクト理論の確率加重関数では、ショケ積分が採用されている。

 また、プロスペクト理論では、意思決定を「編集段階」と「評価段階」という、ふたつのフェイズに分けて考えます。
 まず、編集段階において意思決定主体は与えられた選択肢を認識し、参照点が決定されます。
 その後、「評価段階」において価値関数と確率加重関数を計算し、行動を決定します。



関連記事

・手法
・プロスペクト理論 02 投資家の本能、利小損大の心理と原理
・プロスペクト理論 03 利小損大の原因、利大損小に変える第一歩
・プロスペクト理論 04 損失回避性、感応度逓減性の例


 このエントリーをはてなブックマークに追加  Share on Tumblr      Yahoo!ブックマークに登録  Share

>> TOP

Copyright © 2011 kuma All Rights Reserved.
テンプレート by ネットマニア