×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOP   INFO   LINK  
FXとテクニカル分析で資産運用

 テクニカル分析
FXとは
ダウ理論
エリオット波動
トレンドライン
支持線と抵抗線
ローソク足
フィボナッチ
グランビルの法則

 トレンド系
移動平均線
ケルトナーチャネル
ボリンジャーバンド
MACD
DMI
モメンタム
ADX

 オシレーター系
RSI
ストキャスティクス
ウィリアムズ%R
RCI
サイコロジカルライン
移動平均乖離率
ATR

 その他
ニュース
手法
資金管理
心理面

 検索

スポンサードリンク

スポンサードリンク
 手法 プロスペクト理論03  



 

 ・プロスペクト理論 03

 ・利小損大の原因

 なぜ利小損大となるかというと、人は負けず嫌いだからです。
 負けず嫌いは、勉強やスポーツ、人対人の営業などで収益を上げる世界では褒められても、投資の世界では時として非常に危険なものとなります。

 小さな損切りを認めないと結局、大きな負けを背負い込むことになります。

 マイナスのポジションを持ち続け、破産した投資家はたくさんいます。
 プロのトレーダーでも一瞬で、身動きとれない状態になることもあります。

 プロも人間ですから、マイナスが現実化することを嫌うあまり、誰もが危険な心理状態になってしまうことを認識した方がよいでしょう。

 ・利小損大を利大損小に変える第一歩

 利小損大は、投資初心者の共通の大きな悩みです。
 儲かるようになった投資家は、この壁を超えてきています。
 ただ、あまり深刻になる必要はありません。



関連記事

・手法
・プロスペクト理論 01 モデル
・プロスペクト理論 02 投資家の本能、利小損大の心理と原理
・プロスペクト理論 04 損失回避性、感応度逓減性の例


 このエントリーをはてなブックマークに追加  Share on Tumblr      Yahoo!ブックマークに登録  Share

>> TOP

Copyright © 2011 kuma All Rights Reserved.
テンプレート by ネットマニア