×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOP   INFO   LINK  
FXとテクニカル分析で資産運用

 テクニカル分析
FXとは
ダウ理論
エリオット波動
トレンドライン
支持線と抵抗線
ローソク足
フィボナッチ
グランビルの法則

 トレンド系
移動平均線
ケルトナーチャネル
ボリンジャーバンド
MACD
DMI
モメンタム
ADX

 オシレーター系
RSI
ストキャスティクス
ウィリアムズ%R
RCI
サイコロジカルライン
移動平均乖離率
ATR

 その他
ニュース
手法
資金管理
心理面

 検索

スポンサードリンク

スポンサードリンク
 手法 両建て  



 

 ・両建ての柔軟な考え

 両建てについて、みなさんどう思いますか

 私は今までナシだと思っていましたが、最近だとアリになりました。

 例えば低い値でロングしたまま、高い値でそのままショートするわけです。

 同時に決済するのも良し
 ロングを維持したまま、ショートを早めに決済するのも良し

 決済のタイミングは色々あると思います。
 ただし、同じ時間足や同じタイミングでの両建てはナシです。良いことありません。

 臭いものにフタをする状態ではなく、はさみこむのです。
 実際ポジション持ち始めは難しいのですが、慣れると安心感があります。

 はさみこむと、確実に利益確定ですから。
 ただ決済するタイミングが難しいかもです。



 別々の時間足で売買して、気がついたらはさみこみ両建てとなっていた場合もありますね。
 慣れないうちは、時間足別で口座をわけるのもオススメです。

 たとえば、スイング用口座、スキャルピング用口座、月足別、週足別、日足別‥
 などなどです。

 スイングですと、何ヶ月〜2年近くはポジションを放置しますので、安定した大きな規模の証券会社が良いでしょう。
 スキャルですと、数分〜数日でポジションを保持する時間は短いですので、多少不安定な会社でも低いスプレッドの証券会社も良いかもしれません。

 指標前後に売買するなら、低スプレッドより安定したサーバを持つ証券会社を優先した方が良いでしょう。


関連記事

・手法


 このエントリーをはてなブックマークに追加  Share on Tumblr      Yahoo!ブックマークに登録  Share

>> TOP

Copyright © 2011 kuma All Rights Reserved.
テンプレート by ネットマニア