×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOP   INFO   LINK  
FXとテクニカル分析で資産運用

 テクニカル分析
FXとは
ダウ理論
エリオット波動
トレンドライン
支持線と抵抗線
ローソク足
フィボナッチ
グランビルの法則

 トレンド系
移動平均線
ケルトナーチャネル
ボリンジャーバンド
MACD
DMI
モメンタム
ADX

 オシレーター系
RSI
ストキャスティクス
ウィリアムズ%R
RCI
サイコロジカルライン
移動平均乖離率
ATR

 その他
ニュース
手法
資金管理
心理面

 検索

スポンサードリンク

スポンサードリンク
 クロスSWOT分析 手法  



 

 ・クロスSWOT分析 01

 最近読んだ本です

実践ロジカルシンキング (日経BPムック スキルアップシリーズ)

 入手した理由は、クロスSWOT分析を初めて知ったからです。
 投資の手法でも、ロジックツリーを使って他の人に教えたいというのもあり、様々な手法が載っていますので、読んでいて面白かったです。

 それで、クロスSWOT分析を使い、優先した方が良い事柄をまとめてみましたら



・単純な手法のEAを開発
・普段は日足以上でポジションを持っているので、4時間足以下で勝率の高いポジションを持ち、累計プラスを増やす
・テクニカル指標のみでポジションを持つ
・ルールに従い、迷いなくポジションを持つ

と出ました。

あと、プロスペクト理論についても書いてありました。
長く相場と付き合うつもりですので、やはり勝率は気になります。
裁量でポジション持つときは、7割以上を目指せたらなと思っています。

つづく


関連記事

・手法
・プロスペクト理論 01 モデル
・プロスペクト理論 02 投資家の本能、利小損大の心理と原理
・プロスペクト理論 03 利小損大の原因、利大損小に変える第一歩
・プロスペクト理論 04 損失回避性、感応度逓減性の例


 このエントリーをはてなブックマークに追加  Share on Tumblr      Yahoo!ブックマークに登録  Share

>> TOP

Copyright © 2011 kuma All Rights Reserved.
テンプレート by ネットマニア