×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOP   INFO   LINK  
FXとテクニカル分析で資産運用

 テクニカル分析
FXとは
ダウ理論
エリオット波動
トレンドライン
支持線と抵抗線
ローソク足
フィボナッチ
グランビルの法則

 トレンド系
移動平均線
ケルトナーチャネル
ボリンジャーバンド
MACD
DMI
モメンタム
ADX

 オシレーター系
RSI
ストキャスティクス
ウィリアムズ%R
RCI
サイコロジカルライン
移動平均乖離率
ATR

 その他
ニュース
手法
資金管理
心理面

 検索

スポンサードリンク

 スポンサードリンク
 エリオット波動  

・エリオット波動とは

 1930年代にR・N・エリオットが確立した、投資についてのテクニカル理論です。

 この理論によると、1つの相場には「上昇5波動」と「下降3波動」が存在します。
 実際には小刻みに値段が変動するものの、上の時間足のチャートを見ると、上昇局面では5波動 下降局面では3波動で値動きが推移しています。


 ・上昇局面では、以下のような「5つの波動」を描きます

 「上昇第1波」→ 「調整波」 → 「上昇第2波」→ 「調整波」 →「上昇第3波」

 ・下降局面では、以下のような「3つの波動」を描きます

 「下降第1波」 → 「戻し」 → 「下降第2波」

 つまり、上昇時にはジワジワと「底上げ」しながら上げていく事が多く、下降時には一気に下落して、一度は反発する という事です。


・波の種類

 ・エクステンション

 衝撃波と呼ばれる波のうち上昇の波は、第1波、第3波、第5波になりますが、このうち1つが値幅が大きく上昇するというものです。

 ・ダイアゴナル・トライアングル

 波動は、第1波、第3波、第5波の順の大きさで、次第に小さく斜め三角形を作り、大きな波動が終了します。  別名「ウェッジ」と呼ばれることもあります。



 ・フェイラー

 通常は、第5波は、第3波の頂上を超えますが、たまに超えずに未達成(フェイラー)で終わるケースがあります。
 一般的に、ダブル・トップ、ダブル・ボトムと呼ばれる形になり、トレンドの転換になる場合があります。

 他には

 ・ジグザグ  ・フラット  ・トライアングル(三角持ち合い)

 があります。

 エリオット波動は、ダウ理論を基礎として生まれた理論ですので、 「下降第2波」が確認出来た時は、ダウ理論の視点では下げトレンドに転換したことになります。
 ダウ理論に波の数や、いくつかの条件を加えた応用が、エリオット波動と言ってもおかしくないでしょう。


・上昇5波、下降3波 について

 5回押して、3回戻る‥ 5 と 3 で、敏感な方は、気づくのではないでしょうか。

   5 ÷ 3 = 1.6666...

   黄金比 1.618... と似ていますよね(当てつけ?!
 黄金比フィボナッチも、エリオット波動でよく使うようです。


 このエントリーをはてなブックマークに追加  Share on Tumblr      Yahoo!ブックマークに登録  Share

>> TOP


Copyright © 2011 kuma All Rights Reserved.
テンプレート by ネットマニア