×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOP   INFO   LINK  
FXとテクニカル分析で資産運用

 テクニカル分析
FXとは
ダウ理論
エリオット波動
トレンドライン
支持線と抵抗線
ローソク足
フィボナッチ
グランビルの法則

 トレンド系
移動平均線
ケルトナーチャネル
ボリンジャーバンド
MACD
DMI
モメンタム
ADX
 売買サイン
 まとめ

 オシレーター系
RSI
ストキャスティクス
ウィリアムズ%R
RCI
サイコロジカルライン
移動平均乖離率
ATR

 その他
ニュース
手法
資金管理
心理面

 検索

スポンサードリンク
 ADX まとめ  



 ・ADXのまとめ

 ADXが高水準になったときのもう一つの使い方として、逆張りする手法もあります。
 ADXが高い値になると、次に起こる確率が高い動きは、揉みあいレンジかトレンドの反転です。

 もしそうなら、逆張りすれば少なくとも損はしないことになります。
 確かにそういう流れもありますが、揉みあいが短期間で終わって、再びもとのトレンドが続くこともままありますから、タイミングが悪いと損をします。
 順張り好みのわたくしとしては、あまりオススメ出来ません。

 トレンド向きなどの他のテクニカル指標と組み合わせて判断することが、とても大切です。



 関連記事

・ADX
・ADX 売買サイン


 このエントリーをはてなブックマークに追加  Share on Tumblr      Yahoo!ブックマークに登録  Share

>> TOP


Copyright © 2011 kuma All Rights Reserved.
テンプレート by ネットマニア