×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOP   INFO   LINK  
FXとテクニカル分析で資産運用

 テクニカル分析
FXとは
ダウ理論
エリオット波動
トレンドライン
支持線と抵抗線
ローソク足
フィボナッチ
グランビルの法則

 トレンド系
移動平均線
ケルトナーチャネル
ボリンジャーバンド
 投資判断
 流れをつかむ
MACD
DMI
モメンタム
ADX

 オシレーター系
RSI
ストキャスティクス
ウィリアムズ%R
RCI
サイコロジカルライン
移動平均乖離率
ATR

 その他
ニュース
手法
資金管理
心理面

 検索

スポンサードリンク

 スポンサードリンク
 ボリンジャーバンド 投資判断  



 

 ・ボリンジャーバンドの投資判断

 投資判断は、終値が上のバンドを上抜いたら買い、下のバンドを下抜いたら売り、もあれば逆パターンもあります。


 ・逆張り

ボリンジャーバンドの上バンドに価格が到達した時、売ります

ボリンジャーバンドの下バンドに価格が到達した時、買います


 ・順張り

 ※上下バンドどちらかを抜けた場合には抜けた方向への勢いが強い場合 ボラティリティー・ブレイクアウトとも呼ばれます。

ボリンジャーバンドの上バンドを価格が上抜けた時、買います

ボリンジャーバンドの下バンドを価格が下抜けた時、売ります



 ・±1σ、±2σ、±3σ

 内側のバンドに終値が収まる確率は68.3%です。
 外側のバンドに終値が収まる確率は95.5%です。

 すなわち、相場が内側のバンドからはみ出す確率は31.7%で、外側のバンドからはみ出す確率は4.5%です。
 3本の線を引いた場合、内側のバンドから順に±1σ、±2σ、±3σと表記します。σは「シグマ」と読み、標準偏差です。
 ±1σは第1標準偏差、±2σは第2標準偏差、±3σは第3標準偏差です。


 関連記事

・ボリンジャーバンド
・ボリンジャーバンド 流れをつかむ
・移動平均線


 このエントリーをはてなブックマークに追加  Share on Tumblr      Yahoo!ブックマークに登録  Share

>> TOP

Copyright © 2011 kuma All Rights Reserved.
テンプレート by ネットマニア