×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOP   INFO   LINK  
FXとテクニカル分析で資産運用

 テクニカル分析
FXとは
ダウ理論
エリオット波動
トレンドライン
支持線と抵抗線
ローソク足
フィボナッチ
グランビルの法則

 トレンド系
移動平均線
ケルトナーチャネル
ボリンジャーバンド
MACD
DMI
モメンタム
ADX

 オシレーター系
RSI
ストキャスティクス
ウィリアムズ%R
RCI
サイコロジカルライン
移動平均乖離率
ATR

 その他
ニュース
手法
資金管理
心理面

 検索

スポンサードリンク

 スポンサードリンク
 DMI  



 ・DMIとは

 英語では、Directional Movement Index です。またはAverage Directional Movement Index ともいます。  日本語訳は、「方向性指数」で、トレンド系のテクニカル指標です。ADX、+DI、-DI という3つの指標を利用します。

 考案者はJ・ウエルズ・ワイルダー・ジュニア (J. Welles Wilder, Jr.)です。  1978年に「 New Concepts in Technical Trading Systems 」 にて発表しまして、本書の和訳は「 ワイルダーのテクニカル分析入門 」です。

ワイルダーのテクニカル分析入門

 RSIストキャスティクスなどの逆張り系指標が、一方に傾くトレンドの相場に役に立たないと考えられました。
 その欠点を補うため順張り指標としてDMIは開発されまして、トレンドの有無と強弱を探すテクニカル指標です。

 ・DMIの定義

 ・DMの定義

 擬似コードを含む、+DMと-DMは0以上の実数です。

HighMove = 高値 - 前日高値
LowMove = 前日安値 - 安値

if (HighMove > LowMove && HighMove > 0) { +DM = HighMove; } else { +DM = 0; }
if (HighMove < LowMove && LowMove > 0) { -DM = LowMove; } else { -DM = 0; }

True Range, Average True Rangeの定義。TRとATRは0以上の実数。

TR = max(高値 - 安値, 高値 - 前日終値, 前日終値 - 安値)

ATR = TR の移動平均

 ・DIの定義

+DI = +DM の移動平均 / ATR * 100
-DI = -DM の移動平均 / ATR * 100

 ・DX ADXの定義

ADX = DX の移動平均

 ワイルダーは移動平均に、14日の修正移動平均を使っていました。
 14日の単純移動平均が使われることも多いですが、それ以外の移動平均が使われることもあります。

 RSIと同一人物が同一書籍で発表した物であるが、RSIを改良した定義となっています。

+DI > -DI ならば上げトレンド
+DI < -DI ならば下げトレンド

 ・ADXとの併用

 ±DIのクロス後に、ADXが下落してきた-DIを上抜いた場合は、買い向かうことでダマシを軽減できます。
 逆に、±DIのクロス後にADXが下落してきた+DIを上抜いた場合は、売りポイントとなります。



 関連記事

・ボリンジャーバンド
・移動平均線
・ADX
・RSI
・ストキャスティクス


 このエントリーをはてなブックマークに追加  Share on Tumblr      Yahoo!ブックマークに登録  Share

>> TOP


Copyright © 2011 kuma All Rights Reserved.
テンプレート by ネットマニア