×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOP   INFO   LINK  
FXとテクニカル分析で資産運用

 テクニカル分析
FXとは
ダウ理論
エリオット波動
トレンドライン
支持線と抵抗線
ローソク足
フィボナッチ
グランビルの法則

 トレンド系
移動平均線
 GCとDC
 単純移動平均線 SMA
 指数移動平均線 EMA
 修正移動平均線 RMA
 加重移動平均線 WMA
 移動平均その他
ケルトナーチャネル
ボリンジャーバンド
MACD
DMI
モメンタム
ADX

 オシレーター系
RSI
ストキャスティクス
ウィリアムズ%R
RCI
サイコロジカルライン
移動平均乖離率
ATR

 その他
ニュース
手法
資金管理
心理面

 検索

スポンサードリンク

スポンサードリンク
 指数移動平均線 EMA  



 

 ・指数移動平均線(EMA)とは

 この指標の特性上、SMAより早めに反応する傾向があります。

 ・指数移動平均線の計算式

 最近の価格に比重を置き、過去になればなるほど比重を軽くして平均値を決定します。
 比重の減少度合いは「平滑化係数」と呼ばれる0と1の間の値を取る定数α(平滑定数)で決められます。

 n日間の指数平滑移動平均
 1日目=(当日も含め)n日の終値の平均
 2日目以降=前日の指数平滑移動平均+α×{当日終値-前日の指数平滑移動平均}
 ※α(平滑定数)=2÷(n+1)

 前日の指数平滑平均+a(当日終値-前日の指数平滑平均)
 ・a(平滑化定数)=2/(n+1) ・n=計算期間
 ※計算初日(前日の指数平滑平均がない場合)は、単純移動平均を代用します。



 指数移動平均(Exponential Moving Average; EMA) では、指数関数的に重みを減少させます。
 指数加重移動平均 (Exponentially Weighted Moving Average; EWMA)、指数平滑移動平均 (Exponentially Smoothed Moving Average) とも呼ばれます。

 重みは指数関数的に減少するので、最近のデータを重視するとともに古いデータを完全には切り捨てません(重みは完全にゼロにはならない)。
 EMA は移動平均とは呼べないとする立場もありまして、その場合は指数平滑平均 (Exponential Average) と呼びます。

 スキャルピングでEMAを使うトレーダーさんは、増えつつあります。
 私もSMAよりEMAを好んで使います。

   SMAよりも最新の傾きがピョコピョコ上下して変化します。
 クロスしたと思ったら、クロスせずに終わりダマシになる、ということもよくあります。
 しかしクロス自体は、SMAより早いですので、トレンドを早めにつかみやすいというメリットは大きいです。


 関連記事

・移動平均線
・単純移動平均線(SMA)


 このエントリーをはてなブックマークに追加  Share on Tumblr      Yahoo!ブックマークに登録  Share

>> TOP


Copyright © 2011 kuma All Rights Reserved.
テンプレート by ネットマニア