×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOP   INFO   LINK  
FXとテクニカル分析で資産運用

 テクニカル分析
FXとは
ダウ理論
エリオット波動
トレンドライン
支持線と抵抗線
ローソク足
フィボナッチ
グランビルの法則

 トレンド系
移動平均線
ケルトナーチャネル
 近年の応用
ボリンジャーバンド
MACD
DMI
モメンタム
ADX

 オシレーター系
RSI
ストキャスティクス
ウィリアムズ%R
RCI
サイコロジカルライン
移動平均乖離率
ATR

 その他
ニュース
手法
資金管理
心理面

 検索

スポンサードリンク

 スポンサードリンク
 ケルトナーチャネル  



 

 ・ケルトナーチャネルとは

 ケルトナー・チャネルはシカゴ穀物貿易業者のChester W. Keltnerによって紹介されたテクニカル指標です。
 2本の上下バンドと単純移動平均線で構成されます。中央の線はn日間の単純移動平均線で、主に10日間で計算するようでした。

 ・上下のバンドの計算式

平均値:(高値 + 安値 + 終値) ÷ 3
移動平均値:高値から安値を引いたn日間の単純移動平均値
中間移動平均値:平均値を使ったn日間の移動平均値
アッパーバンド:中間移動平均値 + 移動平均値
ロウワーバンド:中間移動平均値 - 移動平均値



 ・売買ポイント

 バンド系の指標といえばボリンジャーバンドが有名ですが、ボリンジャーバンドは標準偏差を使い値+2σ〜−2σの間に96%納まりますが、ケルトナー・バンドは上記のような計算式ですのでエンベローブに近い指標といえます。

 ・買いシグナル

 上部バンドを上抜けたときは、上方への強いトレンドが発生しているので中間線をサポートとして、買います。

 ・売りシグナル

 下部バンドを下抜けたときは、下方への強いトレンドが発生しているので中間線をレジスタンスとして、売ります。


 関連記事

・ケルトナーチャネル 近年の応用
・ボリンジャーバンド
・移動平均線
・単純移動平均線(SMA)


 このエントリーをはてなブックマークに追加  Share on Tumblr      Yahoo!ブックマークに登録  Share

>> TOP

Copyright © 2011 kuma All Rights Reserved.
テンプレート by ネットマニア