×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOP   INFO   LINK  
FXとテクニカル分析で資産運用

 テクニカル分析
FXとは
ダウ理論
エリオット波動
トレンドライン
支持線と抵抗線
ローソク足
フィボナッチ
グランビルの法則

 トレンド系
移動平均線
ケルトナーチャネル
ボリンジャーバンド
MACD
DMI
モメンタム
ADX

 オシレーター系
RSI
ストキャスティクス
ウィリアムズ%R
RCI
サイコロジカルライン
移動平均乖離率
ATR

 その他
ニュース
手法
資金管理
心理面

 検索

スポンサードリンク

スポンサードリンク
 モメンタム  



 

 ・モメンタムとは

 モメンタム(Momentum)とは、単純移動平均の傾きです。
 英訳すると「勢い」または「はずみ」です。
 正の数(0以上)なら上げトレンド、負の数(0以下)なら下げトレンドです。

 モメンタムは相場の勢い、反転の目安となる水準を見ることが出来るテクニカル指標です。
 モメンタムの見方は0を基準にして相場の強弱分岐点とすることや逆行現象、0から極端に離れた地点での売買などです。

 売買タイミングを把握するテクニカル指標というよりは、相場のトレンドの勢いの強弱をとらえる先行指標としても利用できます。

 ・モメンタムの0ラインを相場の強弱分岐点とする見方

 0以上の時は強気相場と判断
 0以下の時は弱気相場と判断


 ・モメンタムの計算式

Momentum = (終値 - n日前の終値) / n
= 当日の価格 - n 日前の価格

n日には、25日や75日を入れる場合が多いです。

 ・逆行現象

 逆行現象とは相場は上昇(下降)しているのに対して、モメンタムはその逆で下降(上昇)している状態です。
 モメンタムは相場に先行して動くという特徴があり、相場がピークになる前にモメンタムがピークをつけ、それがトレンドの反転と終息のタイミングとなります。

 モメンタムが0を上抜けたり、割り込んだりした時に売買する際、頻繁に交差しますのでダマシになる可能性もあります。
 それぞれの時間足チャートに合わせて、n日の数も合わせると良いでしょう。


 関連記事

・単純移動平均線(SMA)


 このエントリーをはてなブックマークに追加  Share on Tumblr      Yahoo!ブックマークに登録  Share

>> TOP

Copyright © 2011 kuma All Rights Reserved.
テンプレート by ネットマニア