×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOP   INFO   LINK  
FXとテクニカル分析で資産運用

 テクニカル分析
FXとは
ダウ理論
エリオット波動
トレンドライン
支持線と抵抗線
ローソク足
フィボナッチ
グランビルの法則

 トレンド系
移動平均線
 GCとDC
 単純移動平均線 SMA
 指数移動平均線 EMA
 修正移動平均線 RMA
 加重移動平均線 WMA
 移動平均その他
ケルトナーチャネル
ボリンジャーバンド
MACD
DMI
モメンタム
ADX

 オシレーター系
RSI
ストキャスティクス
ウィリアムズ%R
RCI
サイコロジカルライン
移動平均乖離率
ATR

 その他
ニュース
手法
資金管理
心理面

 検索

スポンサードリンク

スポンサードリンク
 移動平均線  



 

 ・移動平均線とは

 移動平均線はその仕組みの単純さからトレンド分析の原型とされ、多くの投資家から利用される信頼できる分析技法と言えるでしょう。
 描かれる湾曲した曲線がトレンドそのものを示します。

 トレンド分析とは、オシレーター分析と異なり、将来の値動きを予測するものではありません。
 移動平均は、相場と遅行する曲線を描く性質から、トレンドを確認する目的で利用します。

 日足チャートでは、5日線(短期線)、25日線(中期線)、75日線(長期線)を使用するのが一般的となっています。
 10日線、100日線、200日線も多く使われているようです。


移動平均線には

 ・ 単純移動平均線 (SMA)
 ・ 指数平滑平均線(EMA、EWMA、ESMA)
 ・ 修正移動平均線(RMA、MMA)
 ・ 加重移動平均線(WMA)
 ・ 三角移動平均線(TMA)
 ・ 正弦加重移動平均線(SWMA)
 ・ 累積移動平均線(CA)

などがあります。



 移動平均線は相場の方向性などを見るためのトレンド追随型のテクニカル指標です。
 また移動平均線をサポートライン、レジスタンスラインとして使用することも出来ますし、多くの投資家に使われているテクニカル指標のため、信頼性の高い指標です。

 多く使われる指標ですと、目標値、サポートレジスタンスが予想と当てはまりやすいのです。


 このエントリーをはてなブックマークに追加  Share on Tumblr      Yahoo!ブックマークに登録  Share

>> TOP

Copyright © 2011 kuma All Rights Reserved.
テンプレート by ネットマニア